地震に備える強い家

耐震構法SE構法

耐震構法SE構法SE STRUCTURE家づくりコンセプト

地震に強い木造住宅にはしっかっりと構造計算に裏付けられた骨組みが必要です。いざというときに家族の安全を守り、家が一番安心できる場所であってほしい。だからあおぞらホームの注文住宅は「耐震構法SE構法」を推奨しています。

全棟構造計算で耐震等級3の家づくり

建物の揺れに対する強度を測る基準は「耐震等級」と呼ばれています。あおぞらホームでは注文住宅もセレクト住宅もすべて最高ランクの「耐震等級3」を取得することをお約束します。これは国内で起こった過去のどの大地震にも耐えられるレベルの構造であることを表しています。

耐震等級3を取得するためには「構造計算」をする必要があります。実はこの構造計算、現在の建築基準法では一般的な木造住宅で実施を免除されているのです。しかし私たちは全棟で構造計算を実施し、「あおぞらホームの家=地震に強い家」と胸を張って言える家づくりに取り組んでいます。大切な家族の安全はお金に代えられません。

耐震構法SE構法を選ぶ理由

地震から木造住宅を守る技術として私たちが選んだのは「耐震構法SE構法」。全国500社以上の工務店で採用され、平成の大震災でも倒壊ゼロの実績を誇る最先端の耐震技術です。その強度はなんと鉄骨造やRC造の建物にも匹敵するほど。

あおぞらホームの注文住宅では「Ex(エグゼクティブ)」でSE構法を標準採用、「Pr(プレミアム)」でSE構法を選択可能です。またブランド住宅の一部でもSE構法を標準化するなど、積極的にSE構法による家づくりの提案をしています。

  • * SE構法を採用できない家では代替の耐震技術で耐震性能を保証します。
  • * 耐震構法SE構法は株式会社エヌ・シー・エヌが開発した商品です。

SE構法の技術とメリット

1. 耐震性能

SE構法は集成材という経年変化に強い特殊な木材と独自開発のSE金物を組み合わせて構造体をつくる技術です。専属のエンジニアが地震や強風など様々な自然災害をシミュレーションして科学的に家の強さを数値化するから、住まいの耐震性能が将来に渡って保証されます。SE構法の家を建てられるのは、専門の講習を受け、厳格な品質基準をクリアできる登録施工店だけ。

2. 設計の自由度

高い耐震等級を取得するためには柱や壁の数を増やさなくてはいけません。そのため、在来工法と呼ばれる従来の耐震住宅では広々とした間取りをあきらめざるを得ません。しかしSE構法は最大で幅11mもの柱のない大空間をつくることができ、あおぞらホームの特徴である吹き抜けや大きなLDKなどの大空間を設計することができます。