施工事例WORKS

天理市 M邸

天理市(2018年)

Ex

住宅の設計にはメリハリが必要です。家族と過ごす時間が長い多目的のリビングは思いっきり広く、使用目的が限られた趣味の部屋などはコンパクトに。そうすることでむしろ空間に合った過ごし方と暮らしの快適なリズムが生まれるのです。

小さなお子様がいるM邸の場合、自ずと家族が集まるLDKを中心とした間取り提案となりました。パッシブデザインで光と風をふんだんに取り込める吹き抜けリビングは戸建住宅ならではの魅力のひとつ。その採光性を活かして、M邸ではZEH(ゼロ・エネルギー住宅)の認定を受けました。家が自らつくり出すエネルギーで家庭の1次消費エネルギーをまかなえる、環境に優しい住宅です。1階はまるで店舗のような開放的な天井高と、キッチンからの見通しが良い子育て空間が広がり、2階は寝室と趣味の空間。吹き抜けからあふれる光と音で、家中どこにいても子供たちが遊ぶ気配を感じることができます。

あおぞらホームでは住む人のライフスタイルを分析して家の中に最適な生活動線を生み出すことを何より大切にしています。設計の自由度が高い耐震構法SE構法では、空間を遮る耐力壁をなるべく少なくして、将来に備えた柔軟性の高い間取り提案が可能です。もちろんその名の通り耐震性に優れた耐震等級3の構造だから、長期優良住宅の認定にも有利です。

完成年
2018年
所在地
天理市
構造
SE構法
階数
2階
家族構成
夫婦+子ども1人