ブログBLOG

新築におすすめの無垢材はどれ?特徴を奈良の業者がご紹介

「家の中でも自然を感じられるように、無垢材を新築に使いたい」
「無垢材にも種類があるけれど、おすすめの無垢材はどれ?」

無垢材には、見た目や香りの良さだけでなく、湿度を調整する効果もあり魅力的ですよね。しかし、一口に無垢材と言ってもいくつか種類がありますから、どれを選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。そこで今回は、新築に使う上でおすすめの無垢材とその特徴についてご説明します。

価格が気になる方におすすめの無垢材

無垢材というと値段が高いイメージを持っている方もいるかもしれません。ですが、パインやスギなどの針葉樹は比較的安価です。できるだけ費用を抑えたい方にはおすすめの無垢材といえるでしょう。

パイン

マツ科であるパインには、特徴的な木目と節目があります。パインをフローリングや内装に使用すると、家の中がナチュラルな印象になります。カントリー調が好きな方におすすめの木材です。柔らかく肌触りが滑らかであり、衝撃を吸収する性質があります。しかし、それと同時に傷をつけやすいので、傷が気になる方は定期的に修繕した方がよいでしょう。

スギ

日本で使われる木材の中で、特によく知られているのがスギです。和風なイメージを持っている方もいるかもしれませんが、現代的な住宅や洋風な住宅にも使われています。パインと同じく、柔らかくて肌触りが良いのが特徴です。温もりを感じられることも魅力の1つです。無垢材の中でも、特に値段がリーズナブルですから、初めて無垢材を使う方にもおすすめの素材です。

丈夫さを重視したい方におすすめの無垢材

オーク

オークは日本ではナラとも呼ばれます。名前だけ聞くとどのような木かイメージできないかもしれませんが、実はドングリが実る木がこのオークなのです。木目の力強さや優しく落ち着きのある雰囲気が魅力的です。針葉樹と違って、硬く丈夫ですから、傷もつきにくいです。水にも強いので、水回りをフローリングにしたい場合に、オークの無垢材を選んでみてもいいかもしれませんね。

メープル

モミジが有名なメープルは、光沢と美しい木目が魅力的です。家の全体を明るくナチュラルな雰囲気にしたい方にはおすすめです。傷はつきにくい一方で、衝撃に弱いのではないかと不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、弾力性が高いため、実は衝撃にも強い優れた木材なのです。

まとめ

今回は、新築に使える無垢材の中で、おすすめの無垢材をいくつかご紹介しました。同じ無垢材でも、種類によっては性質はもちろん、かかる費用も異なります。新築にどのような無垢材を使おうか迷っている方は、ご紹介した無垢材を参考にしてみてはいかがでしょうか。

column

2019.5.19 更新

BACK NUMBER

ブログ一覧に戻る